イベントチラシ集客!成功例は?

HOME » イベントチラシのデザイン » イベントチラシ集客!成功例は?

イベントチラシ集客!成功例は?

・イベントチラシを使った成功事例
ここでは、イベントチラシを使った集客の成功例の、チラシデザインについてお話したいと思います。
イベントチラシは、セミナーを企画する人やライブイベントなどを開催する時に、お客さんを集めるために配布します。
チラシを見たお客さんの何%かは、そのイベントに興味を持って会場に足を運んでくれます。
実際に使われたデザインで、集客に成功したチラシには、どのような工夫が施されていたのでしょうか?

・キャッチコピーが秀逸だった
とある地域のみで公開された期間限定のもので、公開当日に行列が出来た映画がありました。
行列ができた原因は、イベントチラシに盛り込まれたキャッチコピーが「恐怖」を煽るものだったからです。
その映画は、ホラー映画でしたが、まさにキャッチコピーが当たって、集客することに成功したのです。
チラシだけではなく口コミでも噂が広まって、当日は満席になったようです。

・デザインが目を惹くものだった
デザインにインパクトがあると、ついついそのチラシを手に取ってみてしまうものです。
では、インパクトのあるデザインというのは、どういうものなのかと言うと、人の感情を刺激するものです。
先ほどの説明にあった通り「恐怖」もその感情のひとつで、人はそこを刺激されることで興味や関心が湧いてきます。
他にも、喜びであったり笑いであったり、人の様々な感情に触れられたキャッチコピーやデザインは、高い反響を呼ぶことになるのです。

・イベントメリットが分かりやすく良かった
イベントに足を運ぶことで、どういう「利益」を得ることができるのでしょうか?
ここを明確にするかどうかが、イベントチラシを使った集客の重要なポイントです。
わざわざお客さんが足を運ぶには、そのイベント会場に行くだけの理由づけが必要になります。
足を運ぶ理由がなければ、わざわざ交通費を払ってイベント会場に来たりはしません。
できればキャッチコピーと同じように、チラシの目立つ位置にメリットを記載しておくようにしましょう。

・有名人の集客効果との相乗作用があった
TVタレントやYOU TUBERなど、集客効果の高いタレントがイベントに顔を出すと、それだけでインパクトがあります。
それをイベントチラシで宣伝すれば、一気に情報が拡散されますので、チラシだけを配るよりもはるかに集客効果が高いです。
ただ有名人をゲストで呼ぶには、それなりのお金がかかりますので、チラシの印刷以上に、予算を用意しておかなければなりません。