イベントチラシ制作のポイント

HOME » イベントチラシのデザイン » イベントチラシ制作のポイント

イベントチラシ制作のポイント

・イベントチラシを制作して集客!
今回は、イベントチラシを制作する時に、気を付けるべきポイントについて詳しく説明しています。
集客ツールとして優れている「チラシ」は、低コストで宣伝をたくさんできることに強みがあります。
しかし、チラシに取り入れるデザインが、ターゲットの心を動かさなければ反響は少なくなってしまうでしょう。
イベントチラシを制作する時には、どのようなデザインが優れているのでしょうか?

・「伝える」ことを意識したデザイン
一番重要なことや一番伝えたいことを、一番目立つ位置に配置することが大事です。
イベントチラシに掲載する内容で一番重要なことは、そのイベントにおいて目玉になる出し物のことを意味しています。
そういった重要な情報は、一目で分かるように配置するのがセオリーです。
あとは、コンセプトが伝わるように素材の配置を考えることも、イベントチラシのデザインを考えるにあたって大切なことのひとつでしょう。
その時には画像と文字の組み合わせやサイズに気をつけて、並べていかなければなりません。

・チラシレイアウトの基本とは?
情報が散らばっていると見る人に伝わりにくいですので、まずは情報を整理して読みやすく配置することが肝心です。
全てを伝えようとすると、結局何も伝わらないチラシになってしまいますので気をつけなければなりません。
訴求するポイントは、ひとつに絞ってそれを大々的に宣伝することが大事です。
チラシのおもて面にはインパクトを、裏面には必要な情報を具体的に載せていくというような形でデザインしていきます。

・イラストを使うと柔らかい印象になる
イベントチラシには、画像だけではなく、イラストを使うと柔らかい印象に仕上がります
イラストと画像を上手に組み合わせることで、記憶に残りやすいデザインになります。
注意点としては、イラストだけでは具体性が伝わらないということです。
やはり画像も組み合わせて掲載した方がいいので、下書きの段階で色々と試してみるといいでしょう。

・誰がそのチラシを見るのかを意識する
チラシをデザインする上で重要なのは、誰がそのチラシを見るのかを意識することです。
いわゆるターゲットの設定が何よりも大事になります。
イベントに来てくれそうなお客さんのターゲット層を想定することで、デザインコンセプトのズレを無くすことができ、より高い集客効果を期待できます。
ターゲットを想定する時には、事前の市場リサーチが必要です。
イベントを行っても、集客効果が見込めないような地域であれば、やる意味がありませんので、このリサーチは徹底して行わなければなりません。