Image and video - イベントチラシデザインの効果

イベントチラシデザインの効果

イベント開催時に集客をするには、「チラシ」を配ることが大事です。
チラシには、WEB集客にはない集客効果の速攻性があります。
イベントチラシデザインを凝ったものにすれば、より高い集客効果が見込めます。
ここでは、そんなイベントチラシデザインの集客効果について、詳しく解説したいと思います。

▼ 目次

なぜイベントチラシには集客効果があるのか?

イベントチラシは配らないより配った方が断然いいです。
チラシを印刷するためにはそれなりの費用がかかりますが、イベントに集客するためにはこの費用はケチらないようにしなければなりません。
優れたデザインとキャッチフレーズが入ったイベントチラシには、注目されるための仕掛けがあります。
その仕掛けとは、まずイベントに人がたくさん集まることを連想させる内容が盛り込まれているということです。
人間というのは、人がたくさん集まるところに、より集まる習性があります。
このイベントに参加したら何か面白いことがあるのだろうと、感じさせるものがチラシに盛り込まれていれば、高い集客効果を発揮するでしょう。

イベント参加のメリットを提示する

このイベントに参加することでどのようなメリットがあるのかを、伝わるように記載しておかなければなりません。
例えば来場者にワンドリンクサービスなどがある、もしくは誰か有名人がゲストで出演することが決まっており、それを間近で観覧できるといったような分かりやすいメリットがあると、人が興味や関心を持ちやすくなります。

イベントチラシデザインに必要な要素

人の心に刺さるイベントチラシデザインには、研ぎ澄まされたコンセプトが潜んでいます。
チラシを見た人にコンセプトが伝わらなければ、イベントに対しての興味を持ってもらえません。
コンセプトが伝わるようにするためには、余計な情報を一旦はどんどん削っていくことからやらなければなりません。

ターゲットを設定することの重要性

ターゲットを設定する理由は、広く浅くの宣伝では、人が注目する宣伝にならないからです。
たった一人のターゲットに向けた宣伝を心掛けることで、大勢の人の心に刺さる宣伝ができます。
コンセプトを絞るということと、ターゲットを明確にするということは、ある意味似ているのかもしれません。
それは、どちらもイベントの方向性を明確にするものであるからです。

見た目のインパクトはなぜ必要?

イベントの宣伝チラシは、まず興味を持って手に取ってもらわなければなりません。
そのためには、視覚的にうったえる強いインパクトが必要です。
インパクトのないチラシには、宣伝効果が期待できません。
とある都道府県のPRCMのように、インパクトのある映像を流すことでバッシングこそありましたが、良いCMになったケースが実際にありました。
そのCMのように、人の心を動かした時に、初めてその情報を観てもらえるのです。

イベントチラシに盛り込むべき内容

デザインばかりを目立つように持ってくると、必要事項が人に伝わらなくなります。
いつ、どこで、どのようなイベントが行われるのかが分かる説明文を、きちんと目立つように記載することが肝心です。
説明文の前には、記憶に残るスタイリッシュなキャッチコピーを入れることも大事なことだといえます。

フライヤーとチラシの違い

イベント告知に使われるのは、チラシだけではありません。
フライヤーと言う、少し丈夫な素材で作る宣伝広告紙もよく活用されます。
チラシは、費用が安く大量印刷に向いていますが安っぽくなる場合もあり、捨てられやすいのが難点です。
一方、フライヤーは、少しサイズが小さめのものを特定の顧客層に向けて配ります。
これをプル型広告と呼びます。
フライヤーはデザイン性の高いものがよく使われ、お客さんにプレミアム感を与える効果が期待できます。
イベントでは特別な期間限定イベントの時に、フライヤーを一定のお客さんに配り集客を促していきます。

WEB宣伝とチラシの相乗効果を狙う

チラシやフライヤーの集客効果は局地的ですが、集客効果は高いです。
一方、WEB宣伝の集客効果はチラシと比べて低いが、拡散力が高いのが特徴となっています。
どちらも使って、相乗効果でイベントを宣伝するのが一番理想的な集客の方法だといえるでしょう。

チラシのタイトルを分かりやすいものにする

どのような方向性のイベントを開催するのかが一言で分かるようなタイトルや、キャッチコピーがチラシには必要です。
インパクトを与えるにはキャッチ―なタイトルが望ましいですが、内容が伝わらなければ意味がありません。
掴みと伝達性の両方を意識した、タイトルやキャッチコピーにすることが肝心です。
こういったチラシのキャッチコピーは、制作会社などのプロに依頼をすれば、集客効果の高いものを作ってもらうことができます。
まずはどのようなイベントチラシにするのかの原案を考えてみて、制作会社に相談してみると良いでしょう。